血糖値を上げる?知っておきたい酵素ドリンクと血糖値の3つのこと

diabetes 2

酵素ドリンクはここ最近で健康飲料として大注目を浴びているドリンクですよね。しかしながら、酵素ドリンクも飲み方や種類に気をつけなければ期待していた効果とは逆効果な結果になってしまったり、特に血糖値に関しては十分な注意が必要な場合もあるのです。

酵素ドリンクには血糖値を上げる効果があると言われている反面で、血糖値を下げるということも言われています。特に糖尿病の人にとって血糖値のことについては絶対に知っておきたいことですよね。

今回は酵素ドリンクと血糖値について注目。酵素ドリンクは血糖値を上げるのか、それとも下げるのか…知っておきたい酵素ドリンクと血糖値の関係について紹介していきます。

基本的に血糖値は上がる

そもそも血糖値というのは、血液中のブドウ糖の濃度のこと。食事をした時に、重荷炭水化物などに含まれる糖質によって上昇していくものであり、この糖質がエネルギーとなって私達は元気に過ごすことが出来るという仕組みです。

一般的に酵素ドリンクに限らず、人が飲み食いをすればそれだけ血糖値は上がります。そのため酵素ドリンクを飲むと当然血糖値は上がるため、いくら健康のためだとはいっても血糖値の上昇を防いでいきたい糖尿病患者の人は飲まないほうがいいと言われています。

ただ酵素ドリンクにも種類があり、ブドウ糖ではなく果物の糖である果糖が含まれている場合もあります。この場合だと血糖値の上昇はあるものの、非常に緩やかな上昇であるため、血糖値の上昇が気になる人は添加物が含まれていないものを選ぶといいでしょう。

血糖値を下げる酵素ドリンクもある

基本的に血糖値は飲食をすれば上がるものですが、酵素ドリンクの中には血糖値を下げるものあります。

通常ならば血糖値は上がってもすぐに元に戻るものですが、インスリンというホルモンが正常でないと下げることは出来ません。つまりインスリンの働きが正常であれば、自然と血糖値を下げる事ができるというわけですね。

血糖値を下げる効果のある酵素ドリンクには、ナッツやキャベツが含まれているものが挙げられます。ナッツやキャベツにはインスリンの働きを正常に戻す働きがあるので、結果的に血糖値を下げる事ができるという仕組みです。

血糖値の上昇を抑えたい、少し血糖値の上昇が気になる…という人はナッツやキャベツなどインスリンの働きを元に戻す食材が含まれている酵素ドリンクを飲むようにしましょう。

糖尿病の際には医師に相談が絶対

酵素ドリンクには、血糖値を上げる効果もあれば血糖値を下げる効果もあります。酵素ドリンクといってもたくさんの種類がありますし、含まれている食材によって効果が全く異なってくるので、自分にピッタリ合う酵素ドリンクを見つけることが健康への近道だと言えます。

しかし、糖尿病患者の人や血糖値について医師から注意を受けているという人は酵素ドリンクを飲む前に、一度医師に相談をするようにしましょう。人によって病気や体の状態は異なるものなので、別の人が酵素ドリンクを飲んでいるから自分も大丈夫というわけではありません。

一歩間違えば今の体の状況を悪化させてしまうことも考えられるので、酵素ドリンクを飲む前に絶対に医師に相談をするということを忘れないようにして、安全な状態で酵素ドリンクを飲むように注意をしましょう。

まとめ

ここ最近、雑誌やテレビなどで酵素ドリンクは多く取り上げられていますし、毎日酵素ドリンクを飲んで健康を維持しているという人も少なくありません。確かに酵素ドリンクは健康な体を作るため、保つためには必要なものですが、それは自分に合う酵素ドリンクを見つけられたら初めて出来る事です。

たくさんの種類がある酵素ドリンクなので、自分にはどういったものがいいのか、体のどこを改善していきたいのかということを考えたり、必要な場合は絶対に医師に相談をしてから酵素ドリンクを飲んで、健康な体を作っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です