酵素の多い食べ物って?気軽に食べれるオススメ3選

酵素の多い食べ物って、考えてみてもピンときませんよね。なるべく日頃から食事に酵素が多い食べ物を取り入れたいと思っていても、そもそも酵素が多い食べ物ってなんだろう…と考えると難しいかもしれません。

また、食材自体に酵素が多く含まれていたとしても調理法によっては酵素が失われてしまうことや、豊富な酵素を最大限に摂取できないということにも繋がるため、酵素の多い食べ物を食べるというのは意外と難しいことでもあります。

今回はそんな酵素の多い食べ物に注目。気軽に食べられるオススメの3つを紹介していきます。

大根

酵素の多い食べ物の中でも、普段の食事に取り入れやすい食べ物としてダントツなのが大根。大根はサラダにもお味噌汁にも、様々な場面で活躍することが出来る野菜の1つですよね。

大根に含まれている酵素はジアスターゼと呼ばれるもの。ジアスターゼは、でんぷんの分解を促進し、消化を助ける力がある酵素です。消化が悪いと太りやすい体質になってしまったり、毒素が溜まってしまったりと様々な障害が生まれてくるため、最近便秘気味である、むくんだり消化が悪い気がするという人は大根を食べてみるといいでしょう。

また、酵素の多い食べ物として大根が人気の理由には調理法にも秘密があります。実は大根は大根おろしにすることによって酵素の力を最大に引き上げることが出来るのです。大根おろしはどんな料理にも合わせることが出来るので、使い勝手もよく人気な理由も納得ですね。

発酵食品

酵素の多い食べ物といえば、発酵食品が真っ先に浮かんだ人も多いかもしれません。実際に発酵食品には酵素が豊富に含まれていますし、発酵食品は日頃から食べやすいものでもあるために、酵素を摂るために進んで食べているという人もいます。

発酵食品の中で例を上げるのであれば、まずは味噌。味噌と言えば味噌汁ですが、実は酵素は熱にとても弱いため味噌汁ではあまり効果を期待できないのです。なので味噌であれば、味噌汁ではなくて生のままで食べるのが◎。

他にも納豆はオススメで、消化酵素が豊富に含まれているのです。納豆は普段から気軽に食べることが出来るので、ちょっと酵素を気にしたいという人は納豆を食べるように心掛けてみるといいかもしれませんね。

バナナ

果物の中では酵素の多い食べ物として、バナナが代表的。特にバナナは朝バナナダイエットや、間食の際にバナナを食べると食べ過ぎ防止、ダイエット効果があるということで、女性の間では人気の果物ですよね。

バナナにも分解酵素であるアミラーゼが含まれています。アミラーゼが少ないと消化を上手く行えずに、体は栄養を補給することが難しくなってしまいます。なかなか消化が行われない、栄養を摂っているはずなのにそんな感じがしないという人はアミラーゼ不足の可能性もあるのです。

バナナの中でも特に熟していて黒ずんだようなバナナは、アミラーゼが豊富に含まれています。なので、酵素目的でバナナを食べたいのであれば完熟しているバナナを選んでみるといいでしょう。

まとめ

酵素の多い食べ物について紹介をしてきましたが、比較的どの食べ物も日頃から簡単に食べることの出来るものですよね。特に大根や発酵食品や普段の食事で食べることも多いものなので、意識することによってさらに酵素を摂ることが出来るでしょう。

酵素は「熱に弱い」という弱点もあるので、酵素の多い食べ物を食べたい時には、調理法や熱に気をつけてみるといいでしょう。また野菜もカットしてから時間があるものは酵素が抜けてきてしまうので、調理法に気をつけて酵素の多い食べ物を効果的に摂取していくようにしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です